【今週の労務書】『幸せ企業のひみつ』

2019.09.14 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

理論と合わせ事例を読む

 「社員を大切にする会社」として成功した好事例を取り上げた書籍は数多く出ているが、本書は事例紹介に先立って「幸福学」と「働き方改革」の関係性を示し、なぜ今「社員ファースト」の経営をめざすべきであるのかということをデータや指標を使って解説している。

 事例では障害者や刑余者の雇用、LGBTへの配慮などでつとに有名な企業も登場するが、単純に「良い話」ととらえるのではなく、前段の理論を意識して読んでみると、自社での実践にも応用ができるかもしれない。

 米国の経済団体も最近「株主第一主義」を廃止し、従業員への配慮を宣言したことが報道されたが、自社の「働き方改革」をその方向性と合わせて再考する上で、活用できるのではないだろうか。

(前野隆司編著、千羽ひとみ著、佼成出版社刊、TEL:03-5385-2323、1400円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

ジャンル:
令和元年9月16日第3225号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ