労働災害多発で緊急要請 陸上貨物は昨年同時期の3倍に 神奈川・小田原労基署

2019.09.09 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川・小田原労働基準監督署(千葉幸則署長=写真右)は8月23日、管内で労働災害が多発していることを受け、労働災害防止団体に対して緊急要請を行った。昨年同時期に比べて建設業で8人、陸上貨物運送事業で17人増加している(1~7月速報値)。

 件数が約3倍に急増した陸上貨物運送事業では、荷役作業中の墜落・転落や荷物運搬時の動作の反動による被災が目立つという。建設業では傾斜地で作業中に転落して亡くなるなど2件の死亡災害が発生しており、事態を深刻に受け止めている。

 千葉署長が、建災防小田原分会と陸災防小田原分会の分会長に要請書を手渡し、会員事業場で安全衛生管理体制を整備するよう周知徹底を求めた。

あわせて読みたい

ページトップ