賃金不払い残業への是正指導 82社、総額3.1億円に 北海道労働局・29年度

2019.01.25 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道労働局は、平成29年度に実施した賃金不払い残業に対する是正指導の結果を取りまとめた。是正指導をした企業数、労働者に支払われた割増賃金の合計額、対象労働者の数がいずれも前年度を上回っている。

 是正指導をした企業数は24社増えて82社、労働者に支払われた総額は1億3520万円増の3億2168万円に上る。対象労働者は1127人増の2030人で倍増に近い。

 支払われた割増賃金の平均額は、企業1社平均392万円、労働者1人平均16万円だった。

 なお、是正指導をした企業のうち、業種として最も多かったのは商業で25社。労働者数は536人に上り、支払われた総額は7560万円だった。

あわせて読みたい

ページトップ