暑さ指数の把握を求める 熱中症対策で要請 山形労働局

2018.07.11 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 山形労働局は、県内の災害防止団体など29団体に熱中症予防対策の徹底を要請した。WBGT値(=気温・湿度・風速・輻射(放射)熱を考慮した暑熱環境によるストレスの評価を行う暑さ指数)の把握と低減対策等を行う作業環境管理の徹底などを求めている。

 要請ではこのほか、把握した暑さ指数に基づき作業時間を短縮するなどの対策も訴えた。

 同県内では昨年、7月に5人が熱中症により4日以上休業している。草刈り作業中に手足が麻痺してきた、大工作業中に気分が悪くなって痙攣が起きた――などのケースがあったという。

 「今年は7月3日時点で、休業4日以上の熱中症災害は把握していない」(同労働局)という。

あわせて読みたい

ページトップ