フォークリフトに轢かれ左足粉砕骨折、その後死亡 無資格運転で職長らを送検 春日部労基署

2018.07.03 【送検記事】

 フォークリフトの無資格運転により75歳の労働者が死亡した労働災害で、埼玉・春日部労働基準監督署は㈲羽山鉱業(千葉県千葉市)と同社の職長を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いでさいたま地検に書類送検した。

 労働災害は平成29年11月19日、同社が1次下請として入る八潮市内の工場の騒音対策工事現場で起きた。同社は防音パネルの取付けを請け負っていたが、パネルの一部で不具合が発生。職長はフォークリフトをパネルのそばに寄せ、足場の代わりにしようと発進させた。

 しかし、運転操作を誤りフォークリフトは急発進、パネルに当たりそうになり左に急ハンドルを切ったところ、同社の75歳の労働者に激突。労働者は左足を粉砕骨折し、病院に入院、左下肢の切断手術を受けた。しかし、術後の経過が思わしくなく、同年12月11日に多臓器不全で死亡した。なお、フォークリフトを足場の代わりに使うことは用途外使用に当たる。

 労働安全衛生法は最大荷重が1トン以上のフォークリフトについて、技能講習を修了した資格者以外に運転させることを禁止している。同現場で使用していたフォークリフトの最大荷重は3.2トンだったが、運転をした職長は資格を持っていなかった。当日入場した労働者の中には資格者が1人いたが、現場では無資格者の運転が常態化していたという。

【平成30年6月5日送検】

あわせて読みたい

ページトップ