【ひのみやぐら】よい仕事はよい睡眠から

2018.04.09 【社説】

 春眠暁を覚えず――暖かい季節となって、職場でついウトウトとしてはいないだろうか。1日に必要とされる睡眠時間は、年齢によって異なるものの7~8時間とされている。実に人生の約3分の1を占めることとなるが、わが国で働く人たちは、これほどの時間を確保できているだろうか。

 長時間労働が社会問題となって数年以上経つ。長期間にわたる深夜にまで及ぶ業務は睡眠不足を引き起こし、うつ病になるリスクが高まると指摘されている。うつ病にならないまでも、仕事のパフォーマンスは確実に低下する。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成30年4月15日第2304号

あわせて読みたい

ページトップ