【安全衛生・お薦めの一冊】『イラストでわかる 職長の安全・監督能力アップ』

2016.08.01 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

口調や身振り合わす

出版社サイトにリンクします

 職長の能力向上に着手したいが何か適当なものはないだろうか?――そんな現場の切なる要望に“かゆいところに手が届く”ような見事な構成で応えたのが本書である。

 リスクアセスメント、職長の立場で実践すべき安全管理手法などの「安全の向上」と監督の仕方、指導・教育、コミュニケーションの取り方などの「監督能力」に関することについて、イラストを多用して分かりやすく解説しているのが大きな特長だ。

 特にコミュニケーションに関しては、労災防止、快適職場を目指す観点から細かくアドバイス。例えば、コミュニケーションが上手く取れる3つのテクニックとして、ペーシング(口調や声のトーンなどを相手に合わす)、ミラーリング(身振り、手振りなどを相手に合わす)、バックトラッキング(相手のいった言葉を繰り返す)などを紹介した。

(林利成著、清文社刊、TEL:03-6273-7946、B5判、244ページ、1500円+税)

平成28年8月1日第2263号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ