【安全衛生・お薦めの一冊】『フルハーネス型安全帯―安全帯使用者のための解説Q&A―』

2014.09.01 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

特性を知り安全作業

弊社サイトにリンクします

 12次防よりハーネス型安全帯の使用促進が明記された。今後、ハーネス型安全帯の普及が進むと思われるが、その機能や特性を理解しないことには、適切な指導ができないのはいうまでもない。本書は、ハーネス型安全帯について基礎知識、使用上の問題点、欧米との比較などを解説した。

 分かりやすいようQ&A方式で説明しており、例えば「最近、労働基準監督署がハーネスの使用を指導するようになったが、ハーネスを使用しないと違反となるのか」という問いに対し「ハーネスを使用せず、胴ベルト型安全帯を使用しても違反ではない」と明確に解答、続いて詳細な解説が示されている。全ページ、オールカラーなので写真、図表が見やすいのも特徴だ。

 ハーネス型だけではなく、胴ベルト型の安全管理・点検方法も紹介しており幅広く安全帯の知識を身に付けることができる。

(菊一功著、労働新聞社刊、TEL:03-5926-6888、B5判、159ページ、1300円+税)

ジャンル:
平成26年9月1日第2217号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ