グループワーク通じ時間管理の重要性学ぶ 香川労働局

2017.09.26 【監督指導動向】

 香川労働局は、事業主や人事労務担当者を集め、タイムマネジメントの進め方を学ぶ講習会を開催した=写真。同労働局の働き方・休み方改善コンサルタントが講師を務めている。

 参加者は数人ずつに班に分かれ、モノづくりを擬似体験するグループワークに取り組んだ。計画を立てたり、班のなかで調整・協力をすることで、成果が大きく変わることを体験。同時に効果的な役割分担の仕方も学習している。

 講習後のアンケートからは「タイムマネジメントの重要性を認識した」との意見が出ていた。

あわせて読みたい

ページトップ