県内金融業で初の「プラチナくるみん」認定 香川労働局

2017.07.18 【監督指導動向】

 香川労働局は、次世代育成支援対策推進法に基づき、仕事と子育ての両立を推進している㈱百十四銀行をプラチナくるみん認定し、このほど認定通知書の交付式を行った=写真。県内のプラチナくるみん認定企業は医療法人社団五色会に続き2社目、金融業では初めてだ。

 同社では子育て支援対策として、①小学校3年修了までの子を持つ親社員を対象とする「育児短時間勤務制度」の導入、②配偶者出産休暇の新設、イクメンセミナーの開催による男性の育児参加に向けた風土醸成、③女性活躍推進に向けた管理職研修――などを行っている。女性行員の育児休暇取得率は98%に達していた。

あわせて読みたい

ページトップ