【今週の労務書】『会社・社員・お客様 みんなを幸せにするM&A』

2013.12.16 【書評】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

成功のカギは「敬意」

Amazonにリンクします

 本書は、売り手と買い手の双方に良好な結果をもたらした、中小企業のM&Aを紹介する。

 「経営者にはそれぞれの人生があり、物語があり、思いや志がある」として、M&Aの成功には相手に対する敬意が欠かせないと説く。単なる事業内容だけでなく、地域への貢献など理念を共有することで、双方の従業員が同等に誇りをもって働くことにつながり、事業の発展に必要なシナジー効果をも生み出す。買い手には願ってもないことであり、後継者不在に悩んでいた売り手側の経営者も、良き後継「社」を得て安心してリタイアできる。

 本書にあるのは殺伐としたものではなく、経営者、従業員、顧客に至るまですべての関係者に「温かい」M&Aの方法論である。

(三宅卓著、あさ出版刊、TEL:03-3983-3225、1500円+税)

平成25年12月16日第2949号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ