【今週の労務書】『緊張をほぐすアイスブレイキングゲーム――研修で使える頭の体操50』

2013.10.21 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

研修で使える頭の体操

Amazonにリンクします

 企業で頻繁に行われる長時間の会議では、緊張が続き、疲労もたまる。研修では、初めて会った者同士で気疲れも。

 「そうした場では、ちょっとした息抜きや気分転換が必要」と筆者。本書では、アイスブレイキング(氷を溶かす凍りついた気持ちを解きほぐす)効果をもたらし、脳の活性化や一体感醸成につながるゲームやクイズの例題を幅広く紹介している。

 「錯覚ゲーム」「隠し絵ゲーム」「なぞなぞゲーム」「クイズゲーム」「当てっこゲーム」「漢字ゲーム」「対人認知ゲーム」「英語・中国語ゲーム」「図形数えゲーム」「雑学ゲーム」の10種類、計50題を網羅。

 表ページに課題を、裏ページに解答、進め方、解説と活用法を掲載しており、そのまま自社の研修に使える。

(田中久夫著、経団連出版刊、TEL:03-6741-0043、1000円+税)

ジャンル:
平成25年10月21日第2941号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ