【主張】安全設計による効果期待

2017.07.03 【社説】

 本紙報道によると、厚生労働省は、建設工事の設計段階における労働災害防止対策に着手するとしている。設計段階の安全衛生対策はこれまで盲点となっていたもので、大きな前進といえる。発注者、設計者、施工者などの関係者が一体となって取り組めば、労災防止は新しい次元に進むことになろう。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年7月3日第3119号2面

あわせて読みたい

ページトップ