令和4年 民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況―賃上げ額、賃上げ率いずれも昨年を上回る(厚労省)

2022.08.05 【労働行政最新情報】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省では、令和4年の民間主要企業の春季賃上げ要求・妥結状況の集計結果を取りまとめた。

 概要は以下の通り。

【集計対象】
 妥結額(定期昇給込みの賃上げ額)などを把握できた、資本金10億円以上かつ従業員1,000人以上の労働組合のある企業358社。

【集計結果】
 平均妥結額は6,898円で、前年(5,854円)に比べ1,044円の増、令和元年(6,790円)に比べ108円の増。
 また、現行ベース(交渉前の平均賃金)に対する賃上げ率は2.20%で、前年(1.86%)に比べ0.34ポイントの増、令和元年(2.18%)に比べ0.02ポイントの増。
 賃上げ額、賃上げ率はともに昨年を上回り、コロナ禍前の令和元年をわずかに上回った。

▼詳しくはこちらをご覧ください。

令和4年 民間主要企業春季賃上げ要求・妥結状況を公表します
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27034.html

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。