【安全衛生・お薦めの一冊】『上司・リーダーのためのついついやっちゃう不安全行動改善の手引き』

2022.07.26 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

対話を通じて心を開く

 安全通路のショートカット、保護具の着け忘れ、作業手順の無視――。「これくらいなら大丈夫」とついついしてしまう不安全行動をどうなくすか。本書では、17の不安全行動事例を取り上げ、「動機付け面接」の手法を用いて部下の心に指示を届ける指導のコツを説明する。

 例えば、安全通路外の歩行(ショートカット)では、「お疲れさま、例の新しい旋盤の搬入、大変だったでしょう」と労いの言葉を入口に、「心配して見ていてくれた人がいたよ」と違反を責めることなく本人に行動を自覚させる。ショートカットをした状況や考えなどを問いかけながら、対話のなかで考えを深めていく流れを示している。

 日常の対話を少しだけ変えることが、不安全行動を解決する糸口になる。会話例を参考に、望ましい安全行動へとつなげるプロセスは実践する価値がある。

(柴田喜幸著、後藤英之監修、中災防刊、TEL:03-3452-6401、B5判、80ページ、税込990円)

中災防Webサイトで購入する

関連キーワード:
2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。