【安全衛生・お薦めの一冊】『現場の朝礼で役立つ安全衛生60秒スピーチ集』

2022.03.29 【書評】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

話材に使えるテーマ満載

 本書は製造現場や建設現場での事故や災害を未然に防ぐための安全衛生対策を、朝礼に活用できるよう、時季に合った話題や災害・事故の原因と対策を60秒程度で話せる151のテーマに凝縮して説明している。

 1章から3章までは安全衛生の心得、4章から8章は不安全な環境や行動の改善、危険な作業対策と緊急時の処置、9章以降は点検と作業の見直し、心身の健康づくりで構成。1章「作業の終了時」の一例を挙げると、航空機業界の安全運航管理で「危険な11分間」という標語がある。これは、飛行機の離陸・上昇時の3分間と、着陸時の初期進入から着陸までの8分の合計11分間の内に、全航空機事故の70%以上が発生していることからの教訓だ。

 1ページ完結型のため、隙間時間の学習にもおすすめの一冊。

(末松清志著、労働新聞社刊、TEL:03-5926-6888、B6判、184ページ、税込1650円)

弊社サイトで購入する

2022年4月1日第2399号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。