労働者が高さ6メートルから墜落 単管つなぐ‟クランプ”でよじ昇らせた塗装業者送検 八王子労基署町田支署

2022.03.21 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東京・八王子労働基準監督署町田支署は、安全な昇降設備を設けなかったとして、個人事業主である宜保塗装(神奈川県藤沢市)の代表者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで東京地検立川支部に書類送検した。労働者が高さ6.7メートルの位置にある屋根の上から墜落し、重傷を負っている。災害発生当時、労働者は単管をつなぐ‟クランプ“に手足を掛けて昇り降りしていた。

 災害は令和3年12月11日、住宅塗装工事現場で発生した。被災者は60歳代で、屋根の上の塗装作業に従事していた。屋根の端から地上まで墜落し、第4頚椎多発骨折や重傷頭部外傷などの大ケガを負っている。ヘルメットや安全帯などは使用してなかった。

 労働安全衛生規則第526条では、…

【令和4年3月1日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。