【今週の労務書】『評価をしない評価制度』

2021.02.06 【書評】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

在宅勤務対応のヒントに

 本書が提唱する手法は、評価の代わりに社員へ日々の行動の記録(=求められる行動をとったか否か)を求める。上司は評価・採点しないので、査定昇給は行わない。上司の負担は減るし、個人差も付かないから部下の不満もなくなる――と著者は主張する。行動分析学の理論に依って、良い結果をもたらした行動は自ずと繰り返されると説く。部下の行動が視認できない在宅勤務への対応を考える際には、ヒントになろう。

 併用すべき制度として、独特の役割等級、賃金制度も紹介している。査定昇給はないが等級間で自動的に昇給格差が付くため、昇格運用にかかるインパクトが大きい。他方で管理職とリーダー層には、会社の業績次第で一律の降給もあり得る仕組みとしている。

(榎本あつし著、アニモ出版刊、TEL:03-5206-8505、2000円+税)

Amazonで購入する 楽天ブックスで購入する

令和3年2月8日第3292号16面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ