労働関連コラム

2017.04.30 【社労士プラザ】
行動経済学で意欲向上/FP・社労士事務所ライトファーデン 代表 及川 雅史

 社労士として働いていると、経営者・役員の方など、様ざまな「ヒト」と出会う機会がある。知識、経験、苦労話など、色いろな話を聞くことができ本当に勉強になっている。その話の中で、「従業員のモチベーションを上げるにはどうすればいいか分からない」といった悩みに接する機会が少なくない。  「ヒト」というのは、本当に難しい生き物である。  モチベーシ……[続きを読む]

2017.04.29 【書評】
【今週の労務書】『新キャリア開発支援論――AI時代のキャリア自律に向けて』

学生就活の「潮流」見える 本書では学生を指導し社会に送り出す役割を担う教職員やカウンセラー向けに、IoT・AIの発展や雇用のグローバル化が進む社会情勢に適合したキャリア支援について提言している。 大きな流れでは新社会人に高度な知識や専門性以上にコミュニケーションやストレス対処といった「基礎能力」の高さが求められると分析し、その醸成のための……[続きを読む]

2017.04.28 【送検記事】
コールセンター業者を賃金不払いで送検 経営不振が原因 那覇労基署

 労働者に900万円強支払わず――沖縄・那覇労働基準監督署は、賃金不払いをしたコールセンター業の㈱サージェリー(沖縄県那覇市)と同社代表取締役社長を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で那覇地検に書類送検した。 同社は、労働者2人に対して平成28年4月の賃金合計56万円、労働者19人に対して5月の賃金合計159万円を支払わなかった……[続きを読む]

2017.04.27 【社説】
【ひのみやぐら】トップが〝率先垂範〟を

 厚生労働省と経済産業省、中央労働災害防止協会は、化学、鉄鋼、自動車などの各業界の経営トップからなる「製造業安全対策官民協議会」を設立した。昨年、鉄鋼業で死亡災害が相次ぎ、製造業全体を見ても平成28年は165件と前年よりも14件も増えていることから、現状を憂慮したものだ。…[続きを読む]

2017.04.27 【監督指導動向】
半年で実施率7割上昇 ストレスチェック調査結果 石川労働局

接客娯楽業で実施率低調 石川労働局が平成29年1月、県内の事業場に対してストレスチェックを実施したかどうか尋ねたところ、9割以上の事業場が「実施した」と回答したことが分かった。28年7月の段階で2割にとどまっていたことから、その後多くの企業が実施したことが判明している。労働者数50人以上の事業場において平成28年11月末までに、第1回のス……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ