『除染』の労働関連コラム

2018.10.24 【監督指導動向】
休憩時間変更するも就業規則変更せず 違反率12ポイント上昇 福島労働局・30年上半期除染作業監督結果

 福島労働局、平成30年1~6月に福島県内で除染作業を行った96事業者に対して実施した監督指導結果を公表した。労働基準関係法令の違反率は56.3%で29年の44.2%から12ポイント高まっている。 96事業者のうち労基法関係の違反があったのは54事業者だった。違反件数は96件に上る。 労働条件関係の違反は54件で、「休憩時間を従来の時間か……[続きを読む]

2018.05.21 【監督指導動向】
作業場所の放射能濃度事前に調査せず 除染作業に関する監督結果 福島労働局・29年

 福島労働局は、平成29年に実施した除染作業を行う274事業者を対象に実施した監督指導結果を公表した。放射能濃度を事前に測定していないなど、労働基準関係法令の違反があったのは121事業者だった。 総違反件数は179件に上る。安全衛生関係は118件で、「除去対象土壌の放射能濃度を事前に調査していない」、「作業員に防じんマスクを装着させていな……[続きを読む]

2017.11.10 【監督指導動向】
「元請の下請に対する指導」などで違反 除染作業の監督結果 福島労働局

 福島労働局は、平成29年1~6月に実施した除染作業を行う82事業者に対して実施した監督結果を公表した。労働基準関係法令に違反がみつかったのは45事業者だった(違反率54.9%)。 違反件数は合計で73件。うち58件が安全衛生関係で、労働条件関係は15件だった。 違反項目をみると、下請企業が除染業務を行う際に事故由来放射性物質を吸入摂取・……[続きを読む]

2017.05.24 【監督指導動向】
除染作業行う事業場 6割近くが法令違反 福島労働局

 福島労働局は、除染作業を行う事業者に対して平成28年に実施した監督指導結果を公表した。臨検した1020事業場のうち、6割近い586事業場で労働基準関係法令の違反がみつかっている。 総違反件数は982件に達しており、内訳は安全衛生関係が497件で労働条件関係が485件だった。 安全衛生関係を詳しくみると、元請の下請に対する指導(108件)……[続きを読む]

2016.10.25 【監督指導動向】
除染作業 「賃金に関する悩み」が最多 福島労働局

 福島労働局は、平成27年に寄せられた除染作業に関する労働相談の状況をまとめた。労働基準法関係では、賃金に関する相談が最も多く寄せられている。 27年の除染関係の労働相談は2402件で、全体(1万7,175件)の14%だった。労基法関係では、賃金が888件で最多。以下、休業手当関係(278件)、解雇予告の手続関係(249件)、労働条件の明……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ