『違法残業』の労働関連コラム

2018.12.10 【送検記事】
最長1カ月91時間の違法残業 36協定結ばず 仙台労基署・看板製作業者と時間管理者4人を送検 NEW

 宮城・仙台労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を結ばずに違法な残業を行わせたとして、看板製作・取付け業の㈱オオウチ工芸(宮城県仙台市)と同社代表取締役および部長3人の計1法人4人を労働基準法第32条(労働時間)違反などの容疑で仙台地検に書類送検した。 同労基署によると、送検対象の4人はいずれも「時間管理者」に当……[続きを読む]

2018.12.03 【送検記事】
過労死基準超す1カ月206時間残業で書類送検 最小でも139時間 広島北労基署

過半数代表と締結せず、36協定に効力なし 広島北労働基準監督署は、労働者に違法な長時間労働を行わせたとして、貨物自動車運送業の㈲岡野商店(広島県山県郡北広島町)と同社取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で広島地検に書類送検した。 同社は平成29年12月および30年3月、有効な時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)を締結し……[続きを読む]

2018.11.26 【送検記事】
技能実習生6人に約1000万円の賃金不払い 縫製会社を送検 会社は支払わずに倒産 関労基署

 岐阜・関労働基準監督署は中国人技能実習生6人に約1000万円の賃金を支払わなかったとして、シノダソーイング㈲(岐阜県関市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反などの疑いで岐阜地検に書類送検した。違法な時間外・休日労働もさせている。 同社は婦人服の縫製業を営んでいる。代表取締役は平成29年9月~30年6月までの間、中……[続きを読む]

2018.11.21 【送検記事】
運行管理者に違法残業 タクシー会社を書類送検 札幌中央労基署

 北海道・札幌中央労働基準監督署は、違法な時間外労働をさせたとして、タクシー業の国際交通㈱(北海道札幌市)と同社常務取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで札幌地検に書類送検した。 同社は、平成28年3~8月、運行管理者である労働者1人に対し、36協定で定めた1日4時間、1カ月26.41時間の限度を超えて違法な時間外労働をさせて……[続きを読む]

2018.11.14 【監督指導動向】
44%で違法残業 長時間労働が疑われる事業場への監督結果 大阪労働局・29年度

 大阪労働局は、平成29年度に長時間労働が疑われる1639事業場を対象に実施した監督指導結果を取りまとめた。全体の70.7%に当たる1159事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。 違法な時間外労働が発覚したのは727事業場だった(違反率44.4%)。このうち時間外・休日労働の最長の時間が、1カ月当たり80時間を超えていたのは505事……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ