『違法残業』の労働関連コラム

2022.08.11 【よく読まれた記事】
36協定の期限切れたまま時間外労働させた運送業者を送検 月118時間の残業が違法に 新潟労基署【2022年上半期 よく読まれた記事】 NEW

労働新聞社Webサイトに2022年に掲載した記事で、2022年上半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2022年5月23日掲載【送検記事】  新潟労働基準監督署は、運転者3人に違法な時間外労働をさせたとして、貨物自動車運送業の新潟流通運輸㈲(新潟県新潟市)と同社取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の……[続きを読む]

2022.05.23 【送検記事】
36協定の期限切れたまま時間外労働させた運送業者を送検 月118時間の残業が違法に 新潟労基署

 新潟労働基準監督署は、運転者3人に違法な時間外労働をさせたとして、貨物自動車運送業の新潟流通運輸㈲(新潟県新潟市)と同社取締役を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。3人のうち2人については、有効な36協定がないまま、最大で月118時間の時間外労働を行わせた疑い。残りの1人については有効な36協定があったが、……[続きを読む]

2022.04.18 【送検記事】
20台以上が絡む玉突き事故を起こしたドライバーに違法な時間外労働 運送業者を送検 津島労基署

拘束は300時間超えも  愛知・津島労働基準監督署は、令和3年12月10日に愛知県小牧市の国道41号線でトラックなど20台以上が絡む玉突き事故を起こしたドライバーに対し、違法な時間外労働を行わせていたとして、道路貨物運送業の㈲エクストリーム(愛知県北名古屋市)と同社飛島営業所の当時所長だった男性を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで……[続きを読む]

2022.04.02 【監督指導動向】
違法な時間外は21% 過重労働解消キャンペーン月間の重点監督結果 大阪労働局

 大阪労働局は、令和3年11月の「過重労働解消キャンペーン月間」に実施した重点監督の結果を公表した。675事業場を監督指導したところ、21.2%に当たる143事業場で違法な時間外労働が発覚している。  143事業場のうち、時間外・休日労働の実績が最も長い労働者の時間数が1カ月80時間を超えるケースは28事業場だった。このうち、25事業場で……[続きを読む]

2022.02.28 【送検記事】
違法な時間外労働行わせ送検  泉大津労基署

法定休日与えず、割増賃金未払いも  大阪・泉大津労働基準監督署は、労働者に違法な時間外・休日労働を行わせたとして、食品販売業の桃田鶏卵㈱と食料品加工業の㈱モモダ(いずれも大阪府和泉市)、および両社の取締役を兼任していた者1人を労働基準法第32条(労働時間)違反などの疑いで大阪地検に書類送検した。モモダについては、割増賃金を支払わなかったと……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。