20台以上が絡む玉突き事故を起こしたドライバーに違法な時間外労働 運送業者を送検 津島労基署

2022.04.18 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

拘束は300時間超えも

 愛知・津島労働基準監督署は、令和3年12月10日に愛知県小牧市の国道41号線でトラックなど20台以上が絡む玉突き事故を起こしたドライバーに対し、違法な時間外労働を行わせていたとして、道路貨物運送業の㈲エクストリーム(愛知県北名古屋市)と同社飛島営業所の当時所長だった男性を労働基準法第32条(労働時間)違反の疑いで、名古屋地検に書類送検した。

 立件対象期間は事故直前の2カ月間で、同社は36協定(時間外・休日労働に関する協定)を締結することなく、10月に48時間、11月に20時間の時間外労働をさせた疑い。

 同労基署は、10人強が緊急搬送されたという社会的に重大な事案であったことから、…

【令和4年2月25日送検】

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。