『警備業』の労働関連コラム

2019.07.24 【監督指導動向】
「熱への順化期間の設定」などに遅れ 熱中症対策・自主点検結果 栃木労働局

 栃木労働局が実施した熱中症予防対策に関する自主点検結果で、「熱への順化期間(体を慣らす7日以上の期間)の設定」といった項目で遅れがみられていることが分かった。  調査したのは14項目で、「はい・いいえ」の2択形式で質問している。  9割以上の事業場が取り組んでいる項目は、計6項目だった。具体的には、「WGBT基準値を超える場所でやむを得……[続きを読む]

2019.05.07 【送検記事】
13人の労働者に2000万円以上の賃金不払い 2社と代表を送検 新潟労基署

 新潟労働基準監督署は13人の労働者に約1800万円の賃金を支払わなかったとして、㈲新星通信、合同会社スターライト警備(どちらも新潟県中央区)と両社の代表者を労働基準法第24条(賃金の支払)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。立件対象とした期間以外にも不払いはあり、不払い総額は2000万円を超えている。  新星通信はケーブルテレビの工事を……[続きを読む]

2019.03.04 【送検記事】
労働、休憩、手待ち時間を適切に処理せず 月100時間超の違法残業で警備業者を送検 熊本労基署

 熊本労働基準監督署は、時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)で締結した限度時間を超過して、労働者に違法な残業を行わせたとして、警備業の㈱あんしんCo.,Ltd.と同社専務を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で熊本地検に書類送検した。  施設警備を請け負っていた同社は、平成28年12月、労働者1人に対して36協定の上限を超えて……[続きを読む]

2018.11.16 【送検記事】
労働者9人に3カ月分の賃金一切支払わず 警備業者を送検 富士労基署

 静岡・富士労働基準監督署は労働者9人に3カ月分の賃金を一切支払わなかったとして、メジャー警備保障㈱(静岡県富士市)と同社の代表取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の疑いで静岡地検富士支部に書類送検した。 同社は警備業を営んでいる。代表取締役は労働者9人に対し、平成29年11月~30年1月までの3カ月分の賃金を全く支払わなかった……[続きを読む]

2018.09.08 【書評】
【今週の労務書】『警備・ビルメンテナンス業の労務管理ハンドブック』

採用制限は就規へ明記  人手不足が深刻な警備・ビルメンテナンス業界向けの本書は、良質な人材確保に向けたカギが適正な労務管理にあると主張する。その基本がイチから分かる入門書的一冊だ。  労働条件の通知、仮眠時間の考え方、割増賃金の計算方法など、必要な知識を網羅的に解説する。労基署の是正指導、年金事務所の調査を受けた際の対応策も示す。  業界……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ