『管理職』の労働関連コラム

2024.06.13 【主張】
【主張】リーダー像から見直しを NEW

 関係省庁が集まって今春から議論を進めてきた「女性の職業生活における活躍推進プロジェクトチーム」が、中間取りまとめを明らかにした(関連記事=男女間賃金格差 解消へ行動計画策定要請 金融など5産業対象 政府プロジェクトチーム)。男女間賃金格差の縮小に向けて、複数の業界へアクションプラン策定を要請する方向性を示している。対象になる5産業の人事……[続きを読む]

2024.05.18 【書評】
【今週の労務書】『Z世代に嫌われる上司 嫌われない上司』

仕事のレベル感共有を  本書ではZ世代に嫌われやすい上司を7つのタイプに大別した。社会保険労務士の筆者は、そのうえでZ世代と信頼関係を築くための要点を解説する。  「丸投げなのに上司」は、仕事を任せたのに、後から細かく指示をする上司のこと。部下は「任せると言った割に自分の思いどおりにしたいだけ」という不満を抱いてしまう。筆者は対策として、……[続きを読む]

2024.04.13 【書評】
【今週の労務書】『〈共働き・共育て〉世代の本音 新しいキャリア観が社会を変える』

キャリア観が明らかに  21世紀職業財団が1980~95年生まれ(ミレニアル世代)の子育て中かつ、夫婦ともに正社員のカップルを対象に実施したインタビュー調査を一冊にまとめた。実際のインタビューを多く引用することで、ミレニアル世代の夫婦像やキャリア観が明らかになる内容となっている。  企業に対しては、マネジメント層の意識改革を求めた。管理職……[続きを読む]

2024.03.21 【書評】
【書方箋 この本、効キマス】第58回 『わたし、定時で帰ります。3―仁義なき賃上げ闘争編―』 朱野 帰子 著/大矢 博子

「残業したい」の背景は?  今、大河ドラマで吉高由里子さんが紫式部を演じているが、彼女を見るたびに思い出すドラマとその原作小説がある。2019年に放送された、『わたし、定時で帰ります。』だ。  ヒットした作品なのでご存じの方も多いだろうが、吉高さん演じるIT企業の社員が、毎日定時の18時に会社を出ることを貫くという、言ってしまえばそれだけ……[続きを読む]

2024.03.16 【書評】
【今週の労務書】『静かに退職する若者たち』

その「本音」は本当か?  副題は「部下との1on1の前に知っておいてほしいこと」。101人の若手社員および人事担当者を対象に実施したヒアリング調査をもとに、若者の目線と立場から、早期退職やマネジメントのあり方などを論じている。  驚かされたのは、1on1の前に同期からどのような質問をされたのかを聞き、答えを用意しておく若手が相当数存在する……[続きを読む]

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。