string(56) "/column/column_tag/%E6%9C%80%E4%BD%8E%E8%B3%83%E9%87%91/"
string(10) "column_tag"

『最低賃金』の労働関連コラム

2018.10.01【監督指導動向】
違反率11.8%で微増 時給換算していないケースめだつ 北海道労働局・30年最賃監督結果

 北海道労働局は、最低賃金の履行確保を目的に平成30年1~3月に実施した集中監督結果を公表した。監督指導した819事業場のうち、最賃額未満で労働者を雇用していたのは97事業場だった。違反率は11.8%で、前年同時期に実施した監督結果と比較して1.5ポイント上昇した。 最賃額未満で労働者を雇用していた97事業場に、複数回答で最賃額以上を支払……[続きを読む]

2018.09.20【監督指導動向】
労基法違反の申告209件 賃金不払いが9割近く占める 熊本労働局・29年申告状況

 熊本労働局は平成29年の労働基準法違反などに関する申告状況を取りまとめた。それによると、申告受理件数は209件で前年より7件の減少となった。減少は2年連続のこと。申告が最も多かったのは賃金不払い(182件)で、87.1%を占めた。解雇が21件、最低賃金が12件と続く。 業種別にみると建設業が61件で最も多く、商業31件、保健衛生業25件……[続きを読む]

2018.09.06【社説】
【主張】最賃以下1割強の可能性

 厚生労働省は、地域別最低賃金の引上げ額が全国加重平均で26円となり、時給のみで表示するようになって以降最大の引上げ幅になったと発表した。この結果、平均額は874円となっている。 働き方改革実行計画によると、地域最賃は年率3%程度を目途とし、名目GDP成長率にも配慮しつつ引き上げていき、全国平均1000円をめざすとしている。 わが国の地域……[続きを読む]

2018.06.22【送検記事】
賃金140万円不払い 経営不振の土木工事業者を送検 松山労基署

 愛媛・松山労働基準監督署は、労働者3人に対して賃金を支払わなかったとして、建設土木工事業の㈱ネクストステージ(愛媛県松山市)と同社代表取締役社長を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)違反の容疑で松山地検に書類送検した。 同社は平成29年5~7月、経営不振を理由に労働者3人の定期賃金を一切支払わなかった疑い。不払い総額は140万2000円だ……[続きを読む]

2018.06.19【監督指導動向】
2割強の事業場で「最賃割れ」 愛知労働局・監督結果

 愛知労働局は、平成30年1~3月に530事業場に対して実施した最低賃金の履行確保に関する監督結果をまとめた。全体の21.3%に当たる113事業場で、最低賃金法違反が見つかった事業場は113件だった。愛知県の最低賃金は29年10月の改正で26円アップし、現在は871円。 違反率を業種別にみると、「その他」を除けば「製造業」が最も高く24.……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ