『採用』の労働関連コラム

2020.03.29 【社労士プラザ】
「ホワイト事務所」の実現/福岡労務経営事務所 代表 福岡 英一 NEW

 大手生命保険会社を定年退職後の平成20年8月の社労士試験に合格し、翌年9月、福岡労務経営事務所を立ち上げた。  その後、23年8月の社労士試験に娘の鎌倉美智子が合格し、親と娘で事業を営むようになった。  そして、知り合いの社労士等に依頼するような形で組織拡大を図った。  現在は、ハローワーク募集、ならびに採用サイトを使った募集に切り替え……[続きを読む]

2020.01.29 【Web限定ニュース】
正社員採用 「人材・人数ともに計画どおり確保できた」は5割以下 民間調べ

 2019年の正社員の採用活動において、正社員を採用した企業は26.8%で、このうち「人材・人数ともに計画どおり確保できた」企業の割合が46.5%にとどまったことが、大阪シティ信用金庫が実施した調査で明らかになった。  「人材は採用できたが、人数は計画に達しなかった」、「人数は採用できたが、人材は計画に達しなかった」、「人材・人数ともに計……[続きを読む]

2019.09.21 【書評】
【今週の労務書】『0円リクルーティング』

SNSで好感度向上へ  静岡県で不動産業を行う中小企業の社長が、とりわけ新卒の獲得に向け、Twitterなど“0円”で利用できるSNSを活用した採用戦略を解説している。企業のWEBページより人目に付く可能性が高いという。  SNS活用の目的は、あくまで自社の知名度と好感度を高め、結果的に応募人数を増やすこととした。このため、SNSを楽しむ……[続きを読む]

2019.08.03 【書評】
【今週の労務書】『外国人スタッフ雇用のための社会保険・労働法ガイド 日英対訳付き』

英語で労働法令を説明  外国人を雇う際のポイントを示したのが本書の前半に当たる。必要な法律知識と心構え、求人票の書き方、面接時の注意点、報酬の決め方などを過不足なくまとめている。  採用選考の進め方では、日本人と異なり、書類選考の前にまず在留資格の確認が必要になると説く。在留資格を持つ求職者については、在留カードの写しを応募書類に同封して……[続きを読む]

2019.06.23 【社労士プラザ】
面接工夫しミスマッチ防止/荒井人事労務事務所 所長 荒井 孝育

 「採用してみたら面接の時と結構違うんだよ」。「この仕事ができるっていっていたから採用したのに、全然できなくてどうしたものか」といった採用ミスマッチの相談が度々発生する。  このご時世、スマホが普及し情報が取りやすくなったことで、労働法規が世の中に急速に浸透してきた。こうした背景もあり、合理的な理由もなく従業員との雇用契約を解除することは……[続きを読む]

2018.06.03 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
2018.05.20 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】

年月アーカイブ

ページトップ