string(56) "/column/column_tag/%E5%89%B2%E5%A2%97%E8%B3%83%E9%87%91/"
string(10) "column_tag"

『割増賃金』の労働関連コラム

2017.12.09【書評】
【今週の労務書】『最適な労働時間の管理方法がわかるチェックリスト』

期待される効果を確認 働き方改革の実現に向けて企業における労働時間管理の重要性が高まるなか、自社に適した労働時間管理方法を導入するためのポイントを解説したのが本書。 筆者は、実態に合わない労働時間管理をしていると法違反になるうえ、賃金未払いが発生していれば是正のために計り知れない労力と原資が必要になると警鐘を鳴らす。 各変形労働時間制や裁……[続きを読む]

515G21XUfPL._SX351_BO1,204,203,200_
2017.11.01【監督指導動向】
割増賃金関係の違反めだつ 原発廃炉現場の監督結果 福島労働局

 福島労働局は、平成29年1~6月に実施した東京電力福島第一原発で廃炉作業を行う事業者に対して実施した監督結果を明らかにした。臨検した131事業者のうちほぼ4割の52事業者で労働基準関係法令違反が発覚している。 違反項目件数は77件で、労働条件関係が62件に対し、安全衛生関係は15件だった。 労働条件関係では、「時間外割増賃金単価の算定に……[続きを読む]

2017.05.24【監督指導動向】
除染作業行う事業場 6割近くが法令違反 福島労働局

 福島労働局は、除染作業を行う事業者に対して平成28年に実施した監督指導結果を公表した。臨検した1020事業場のうち、6割近い586事業場で労働基準関係法令の違反がみつかっている。 総違反件数は982件に達しており、内訳は安全衛生関係が497件で労働条件関係が485件だった。 安全衛生関係を詳しくみると、元請の下請に対する指導(108件)……[続きを読む]

2017.05.15【監督指導動向】
福島第1原発廃炉作業 半数の事業場で違反発覚 福島労働局

 福島労働局は、東京電力福島第一原発の廃炉作業を行う事業場に対して平成28年に実施した監督指導結果を公表した。臨検した348事業場のうち、半数近い160事業場で労働基準関係法令の違反が発覚している。 違反件数の合計は273件に上った。内訳は、労働条件関係が多数を占め237件で、安全衛生関係は36件だった。 最も多い違反は「割増賃金の支払い……[続きを読む]

2016.12.19【送検記事】
技能実習生に割増賃金不払い 「内職だから」と供述も 土浦労基署

 茨城・土浦労働基準監督署は、技能実習生に対して残業代の一部を支払わなかったとして、自動制御機器などの組立加工業を営むYSK㈱(茨城県かすみがうら市)とYSK社の構内下請である㈲伶美(=れみ、茨城県石岡市)、および両社で労務管理の責任者を担当している男性取締役の計2法人1人を労働基準法第37条(割増賃金の支払)違反の容疑で水戸地検土浦支部……[続きを読む]

長時間労働 ブラック企業 外国人労働者
2016.03.02【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
振替休日s

年月アーカイブ

ページトップ