『割増賃金』の労働関連コラム

2019.01.04 【送検記事】
深夜割増の不払いでトライプラス運営会社を送検 監督官への虚偽報告も 鳥取・米子労基署

 鳥取労働基準監督署と米子労基署は深夜の割増賃金を支払わず、労働基準監督官に虚偽の報告を行ったとして、㈲トシ・コーポレーション(鳥取県米子市)と同社の代表取締役、取締役の2人を労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反などの疑いで鳥取地検に書類送検した。  同社は3つの学習塾を運営している。代表取締役は平成29年7月~9月末……[続きを読む]

2018.12.11 【監督指導動向】
接客娯楽業の84%で法違反 山梨労働局・29年監督結果

 接客娯楽業の84.1%で労働基準関係法令違反――こんなデータが、山梨労働局が取りまとめた平成29年の定期監督実施状況で明らかになった。 同労働局は29年に1439事業場に臨検を実施した。違反が発覚したのは956事業場で、違反率は66.4%に上る。 業種別に違反率をみると、8割を超えたのは接客娯楽業(84.1%)と製造業(82.0%)。以……[続きを読む]

2018.11.06 【監督指導動向】
残業代支払い関係の違反めだつ 福島第一原発廃炉作業の監督結果 福島労働局・30年上半期

 福島労働局は、平成30年1~6月に東京電力福島第一原発で廃炉作業を行った105の事業者に対して実施した監督指導結果を公表した。4割に上る42事業者で、労働基準関係法令違反がみつかっている。 違反件数は83件で、内訳は労働条件関係が74件、安全衛生関係が9件だった。 違反項目別にみると、労働条件関係では、週40時間を超える時間外労働に対し……[続きを読む]

2018.10.24 【監督指導動向】
休憩時間変更するも就業規則変更せず 違反率12ポイント上昇 福島労働局・30年上半期除染作業監督結果

 福島労働局、平成30年1~6月に福島県内で除染作業を行った96事業者に対して実施した監督指導結果を公表した。労働基準関係法令の違反率は56.3%で29年の44.2%から12ポイント高まっている。 96事業者のうち労基法関係の違反があったのは54事業者だった。違反件数は96件に上る。 労働条件関係の違反は54件で、「休憩時間を従来の時間か……[続きを読む]

2018.10.23 【監督指導動向】
技能実習実施事業場 75%で法違反 安全基準で違反めだつ 北海道労働局・29年

「母国語での作業マニュアル作成を」と指導  外国人技能実習生の実習実施者のうち4分の3で労働基準関係法令違反――こんなデータを北海道労働局が発表した。  同労働局は平成29年、外国人技能実習生を活用する169事業場を対象に監督指導を実施している。このうち128事業場で法違反がみつかった。  違反状況をみると、安全措置が講じられていない機械……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ