string(56) "/column/column_tag/%E5%89%B2%E5%A2%97%E8%B3%83%E9%87%91/"
string(10) "column_tag"

『割増賃金』の労働関連コラム

2018.10.03【監督指導動向】
フレックスタイム制の運用失敗で残業代不払いも 長時間労働が疑われる企業への監督結果 長野労働局・29年度

 長野労働局は、平成29年度に長時間労働が疑われる596事業場に対して実施した監督指導結果を公表した。全体の81.9%に当たる488事業場で労働基準関係法令違反がみつかっている。 違法な時間外労働の実態があったのは、596事業場のうち半数を超す55.4%に当たる330事業場だった。過労死認定基準である1カ月80時間を超す時間外・休日労働を……[続きを読む]

2018.10.01【送検記事】
36協定結ばず違法残業 固定残業代も適切に運用せず送検 那覇労基署

 沖縄・那覇労働基準監督署は、労働者に違法な時間外労働を行わせていたとして、インターネットを利用した各種情報提供サービスを行っている㈱レキオス(沖縄県那覇市)と同社代表取締役を労働基準法第32条(労働時間)および同法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で那覇地検に書類送検した。 同社は労働者2人に対し平成28年2月~30年……[続きを読む]

2018.09.28【監督指導動向】
ドライバー使用事業場の85%で労基法違反 重大・悪質な違反の3件を送検 福岡労働局・29年

 福岡労働局は管内の労働基準監督署が平成29年にトラック・バス・タクシードライバーなどの自動車運転者を使用する事業場に対して行った監督指導などの状況を取りまとめた。それによると、監督指導を実施した192事業場のうち162事業場で労働基準関係法令違反が認められた。違反率は84.4%だった。そのうち3件については重大・悪質な違反として送検を行……[続きを読む]

2018.08.28【送検記事】
出来高払いの労働者に賃金保障せず タクシー業者を送検 伊丹労基署

「日報廃棄」の容疑も 兵庫・伊丹労働基準監督署は、出来高払制で採用した労働者に対して平成29年4~5月、労働時間に応じた一定額の賃金保障をしなかったなどとして、ハイヤー・タクシー業の㈱川西オーシャン交通(兵庫県尼崎市)と同社元代表取締役、前代表取締役の計1法人2人を労働基準法第27条(出来高払制の保障給)違反の容疑で神戸地検に書類送検した……[続きを読む]

2018.08.21【監督指導動向】
接客娯楽業、保健衛生業などで平均以上の違反率 高知労働局・29年監督結果

 高知労働局は、平成29年に実施した定期監督等の実施結果を公表した。立ち入った事業場1288件のうち858件で労働基準関係法令違反が発覚している。違反率は27年の76.0%をピークに減少傾向に転じており、29年は66.6%だった。 違反内容の内訳は、労働時間に関するものが222件、割増賃金に関するものが143件、安全基準に関するものが24……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ