『働き方改革』の労働関連コラム

2018.12.16 【社労士プラザ】
AI時代に向けた選択/久井労務管理事務所 久井 貴弘 NEW

 過日、ある経営者から誘われ、情報通信分野で著名な評論家のセミナーに参加することとなった。私はどちらかと言えばアナログ人間で、電子申請などIT化にもやっと乗っている程度で、積極的にセミナーに参加したわけではなかった。その中で今後の技術革新・社会革新の中心となるのは、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)を用いてビッグデータの活用……[続きを読む]

2018.12.13 【社説】
【主張】岐路に立つ「日本型雇用」 NEW

 日本型雇用慣行が徐々に崩れつつある実態が明確となった。このほど明らかになった雇用政策研究会(樋口美雄座長)の報告案によると、企業内の「生え抜き正社員」の割合が漸減傾向にある一方、正社員の補助的な位置付けの有期契約・職務限定労働者のウエートが高まっている。  日本型雇用慣行が、長年にわたってわが国の経済社会の発展に大きく貢献してきたことは……[続きを読む]

2018.12.06 【社説】
【主張】医師の働き方改革可能か

 長時間労働がめだつ病院勤務医の労働時間短縮がジレンマに陥っている。改正労働基準法では、時間外労働について特別な事情がある場合でも年720時間、単月100時間未満、複数月平均80時間を限度としたが、医師は適用を5年間先送りし、上限時間数も別途設定できるようにした。医師法第19条第1項に基づく「応召義務」の特殊性を踏まえた猶予措置である。 ……[続きを読む]

2018.11.25 【社労士プラザ】
自ら働き方改革を実践/社会保険労務士法人Aoki 代表社員 青木 幸江

 最近、顧問先の社長さんから「これ、青木事務所の話だ!と思ったので、読んでみて」と、一冊の本をいただいた。  それは、社労士の方が書いたご自分の事務所の「働き方改革」の本だった。  開いて読んでみると、正に弊社事務所の1年前の状態と全く同じで、「社長、お話が…」といった社員からの相談に怯えていた自分を思い出したのである。  別の顧問先の社……[続きを読む]

2018.11.25 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】
年休管理

解 説  「3年ぐらい休んでいない気がする」というのが、法改正により今後は時間外の上限や年次有給休暇の5日の時季指定義務(罰則付き)の方にも関係してくるということになります。  年休の時季指定義務自体は、来年4月1日以降、最初の付与基準日から適用になります(整備法附則4条)。  まだ制度の詳細が明らかになったとはいえませんが、年休に関して……[続きを読む]

2018.09.09 【マンガ・こんな労務管理はイヤだ!】

年月アーカイブ

ページトップ