『保護帽』の労働関連コラム

2020.05.15 【送検記事】
安全帯、ヘルメットなし 墜落対策を講じなかった解体業の代表者を送検 但馬労基署

 兵庫・但馬労働基準監督署は、令和元年11月に発生した死亡労働災害に関連して、「エステック」の名称で解体業を営んでいる代表者(兵庫県養父市)を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。  同代表者は解体業を営んでいる。労働者に高さ2.3メートルのダンプトラックの荷の上でシート張り作業を行わせる際、……[続きを読む]

2020.05.06 【送検記事】
伐木作業中の立ち入り禁止措置講じず 個人経営の建設業者を送検 多治見労基署

   岐阜・多治見労働基準監督署は、伐木作業での危険防止措置を怠ったとして、岐阜県中津川市の個人経営の建設業者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで岐阜地検多治見支部に書類送検した。  令和元年11月13日、岐阜県土岐市内の個人宅地内で伐木作業を労働者に行わせていたところ、伐木中の木が倒れて別の労……[続きを読む]

2019.12.28 【よく読まれた記事】
トレーラーの荷台から落ちた労働者が死亡 保護帽着用違反で産廃業者を送検 八女労基署【2019年下半期 よく読まれた記事】

労働新聞社Webサイトに2019年に掲載した記事で、2019年下半期にアクセス数が多くよく読まれている人気の記事を再紹介していきます。 2019年09月25日 【送検記事】  福岡・八女労働基準監督署は、トレーラーの荷台から53歳の男性労働者が墜落し死亡した労働災害で、㈲三幸商会(福岡県筑後市)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条(……[続きを読む]

2019.11.08 【送検記事】
派遣労働者の死亡労災 保護帽着用させなかった事業者を書類送検 西脇労基署

 兵庫・西脇労働基準監督署は、平成31年1月に発生した死亡労働災害に関連して、製鋼原材料の加工・販売などを行う㈱イトウメタル(兵庫県姫路市)と同社部長を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で神戸地検に書類送検した。労働者に、物体の飛来・落下などによる危険を防止するため保護帽を着用させていなかった。  労災は、同社が所……[続きを読む]

2019.09.29 【送検記事】
ノーヘルで荷積み作業させて送検 労働者が頭を打って死亡の労災発生で 高松労基署

 香川・高松労働基準監督署は、労働者に貨物自動車の荷台上でシート掛け作業を行わせる際に保護帽(ヘルメット)を着用させなかったとして、虎運送㈱(香川県高松市)と同社専務取締役を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で高松地検に書類送検した。令和元年6月、同社労働者が頭部を打って死亡する労働災害が発生している。  労災は、……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ