『メンタルヘルス』の労働関連コラム

2020.02.15 【書評】
【今週の労務書】『「途上国」進出の処方箋 医療、メンタルヘルス・感染症対策』 NEW

実情から学ぶ駐在リスク  “最後のフロンティア”といわれてきたミャンマーに焦点を当て、海外駐在員が直面する現実を伝え、派遣する企業側に医療・メンタルヘルス面での配慮を促す。専門家の立場から警戒すべき疾病とその予防・対処法が解説されるほか、うつ病発症に至った実事例なども紹介する。一方では現地の駐在員から継続的に収集したアンケートの内容が生々……[続きを読む]

2020.02.13 【監督指導動向】
30~49人の事業場 ストレスチェック実施率30% 宮崎労働局・自主点検結果

 事業場規模30~49人の企業におけるストレスチェックの実施率が30%だったことが、宮崎労働局が実施した自主点検で判明した。ストレスチェックは労働者数50人以上の事業場では実施が義務付けられているが、50人未満では「努力義務」扱いになっている。  調査は2019年3~5月、864事業場に対して点検票を郵送し、620事業場から回答を得たもの……[続きを読む]

2020.02.01 【書評】
【今週の労務書】『メンタル不調者のための 脱うつ 書くだけ30日ワーク』

復職への準備手順示す  本書は、メンタルヘルス不調によって休職している労働者を対象に、円滑な復職に向けた準備の具体的な進め方を紹介したもの。休職者にアドバイスを行う人事労務担当者にとっても参考になる。  体調が少しずつ良くなり、復職予定日の2~3カ月前の時期から1カ月程度をかけて実践する事項(ワーク)を示した。  定期的に行うワークとして……[続きを読む]

2019.12.07 【書評】
【今週の労務書】『働く人のこころのケア・ガイドブック』

精神科産業医が指南  メンタルクリニックで外来診療に携わる精神科医が、働く人全般に向けて著したQ&A集。産業医でもあり、復職職場支援プログラム=リワークの担当医でもあることから、職場事情を踏まえたアドバイスが平易かつ簡潔に語られる。元々は受診者や関係者へ手渡しているメモを一冊にまとめたとのことで、各種疾患の違いや不調時の注意点が誰にでも気……[続きを読む]

2019.10.06 【Web限定ニュース】
衛生週間推進大会 安心して産業医面談受けられる態勢を 神奈川・横浜西

 神奈川労務安全衛生協会横浜西支部などで構成する横浜西地区労働災害防止団体連絡協議会は、9月12日、全国労働衛生週間の地区推進大会を開催した=写真。  主唱者挨拶で横浜西労働基準監督署の大屋季之署長は、「メンタルヘルス対策が重要になってきている。安心して産業医の面談指導を受けられる環境づくりや、ストレスチェックの分析結果を活用した職場の状……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ