『メンタルヘルス』の労働関連コラム

2019.10.06 【Web限定ニュース】
衛生週間推進大会 安心して産業医面談受けられる態勢を 神奈川・横浜西

 神奈川労務安全衛生協会横浜西支部などで構成する横浜西地区労働災害防止団体連絡協議会は、9月12日、全国労働衛生週間の地区推進大会を開催した=写真。  主唱者挨拶で横浜西労働基準監督署の大屋季之署長は、「メンタルヘルス対策が重要になってきている。安心して産業医の面談指導を受けられる環境づくりや、ストレスチェックの分析結果を活用した職場の状……[続きを読む]

2019.09.21 【Web限定ニュース】
建設業者一丸で安全行動推進へ 建災防埼玉県支部が安全大会

 建設業労働災害防止協会埼玉県支部は9月17日、埼玉県建設業労働災害防止大会を埼玉会館(さいたま市)で開催した。壇上に立った島村健支部長は、「建設業の労働災害は今年に入っても減少傾向は見られず、極めて憂慮すべき状況。県内の建設業者が一丸となり対策に取り組んでいかなければならない」とし、埼玉県支部が展開する「安全行動推進運動埼玉」への積極的……[続きを読む]

2019.08.24 【書評】
【今週の労務書】『ここからはじめる 働く人のポジティブメンタルヘルス』

プラス視点の活動を  これまでのメンタルヘルスの取組みは、復職支援などに代表されるように、マイナスをゼロに戻すものだった。人手不足により生産性向上が重要課題になり、プラスをさらに強化する活動も求められるようになっている。そうした中で注目を集めているのが「ポジティブメンタルヘルス」だ。  本書は事例や具体的な取組み手法を交じえ、ポジティブメ……[続きを読む]

2019.08.02 【監督指導動向】
職場環境改善の取組み推進を 東京・新宿労基署 メンタルヘルス講習会を開催

 新宿労働基準監督署(金田文人署長)は7月23日、メンタルヘルス対策講習会を開催した。管内事業場の安全衛生担当者などを集め、「メンタルヘルス対策は喫緊の課題」としたうえで、不調になる前の未然防止を図る「一次予防」の重要性を強調。ストレスチェック後の集団分析を活用した職場環境整備に取り組むよう求めた。  講義には、東京産業保健総合支援センタ……[続きを読む]

2019.04.07 【社労士プラザ】
高齢者・若者を大切に/出口社労士事務所 所長 出口 啓一

 三重県は南北に細長く、南に行くほど過疎地域も増え、高齢化率も増加している。私の所属する南勢支部では一町を除くすべての自治体で老年人口が全国平均を上回り、さらに三重県平均を上回っている。生産年齢人口にいたってはすべての自治体で全国平均以下かつ三重県平均以下である。  この地域における事業所の未来像はどうなるのであろうか。ただでさえ求人難が……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ