『クレーン』の労働関連コラム

2019.07.12 【送検記事】
立坑の底にいた作業員へ土砂入れた容器が直撃 技能講習の未修了者にクレーンを運転させて書類送検 須崎労基署

 高知・須崎労働基準監督署は、平成31年3月に発生した死亡労働災害に関連して、土木工事業の㈱ジンセイ(高知県高知市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の容疑で高知地検に書類送検した。吊り上げ荷重が1トン以上5トン未満の移動式クレーンの運転業務を、技能講習を修了していない労働者に行わせていた。  労災は、同社が請け負っ……[続きを読む]

2019.06.26 【送検記事】
鉄板50枚が労働者に激突し死亡 荷の下に入らせた事業者を送検 大田労基署

 東京・大田労働基準監督署はクレーンで吊り上げた鉄板に労働者が激突し死亡した労働災害で、㈲村石製作所(東京都大田区)と同社の代表取締役を労働安全衛生法第20条1号(立入禁止)違反などの疑いで東京地検に書類送検した。  同社は板金加工業を営んでいる。労災は平成28年6月29日、同社の工場内で起きた。55歳の男性労働者がクレーンを操作し、トラ……[続きを読む]

2019.06.19 【送検記事】
労働者を乗せた足場板をクレーンで吊り上げて送検 海へ墜落して死亡 倉敷労基署

 岡山・倉敷労働基準監督署は、岸壁工事中に適切な安全対策を講じなかったとして、建設業の㈲吉備(大阪府大阪市中央区)と同社代表取締役を、労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で岡山地検倉敷支部に書類送検した。平成30年9月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。  同社は倉敷市内の岸壁において、船が接舷する岸壁に設……[続きを読む]

2019.06.07 【送検記事】
4トンのH鋼落下に巻き込まれ21歳男性が死亡 新東名高速延伸工事で工事業者を送検 沼津労基署

 静岡・沼津労働基準監督署は重さ4トンのH鋼の落下に21歳の男性労働者が巻き込まれ死亡した労働災害で、加藤興業㈱(静岡県静岡市)と同社の現場責任者を労働安全衛生法第20条(事業者の講ずべき措置)違反の疑いで静岡地検沼津支部に書類送検した。  同社は鋼矢板やH鋼の打抜きや、桟橋・構台の工事を営んでいる。労働災害は平成30年11月29日に、静……[続きを読む]

2019.05.31 【送検記事】
クレーンの無資格運転で運転者を送検 事業者の立件は断念 福岡中央労基署

 福岡中央労働基準監督署は移動式クレーンの運転を無資格で行ったとして、総合コーポレーション㈲(福岡市南区)と同社の従業員を労働安全衛生法第61条(就業制限)違反の疑いで福岡地検に書類送検した。無資格運転の結果、同社の30歳代の労働者が脊椎損傷のケガを負う労働災害が発生している。  同社は産業廃棄物の処理を営んでいる。労災は平成30年5月1……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ