賃金台帳などに関して虚偽陳述 畜産業者を書類送検 釧路労基署

2020.12.14 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 北海道・釧路労働基準監督署は、労働基準監督官の尋問に対して虚偽の陳述を行ったとして、畜産業の㈱トレジャーロッジ(北海道川上郡弟子屈町)と同社代表取締役を労働基準法第101条(労働基準監督官の権限)違反の疑いで釧路地検に書類送検した。

 同社は、令和元年10月10日に同労基署が臨検した際に虚偽陳述をした疑い。同労基署によると、「賃金台帳やタイムカード、就業規則に関する書類があるか」との質問に対して虚偽の返答をしたという。虚偽の内容や、捜査の端緒については明らかにしていない。

 同条での立件では、同法第32条(労働時間)などと併せて行われるケースが少なくないが、今回のケースではあくまでも同法第101条単独での送検となっている。

【令和2年10月21日送検】

あわせて読みたい

ページトップ