ショベルで労働者4人轢く 無資格運転させた昆布漁業者を送検 釧路労基署

2021.10.06 【送検記事】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 北海道・釧路労働基準監督署は、無資格者にトラクター・ショベルを運転させたとして、漁業を営む小林漁業部(北海道目梨郡)の個人事業主を釧路地検に書類送検した。労働者4人がショベルに轢かれ、うち1人が死亡している。

 災害は令和2年8月13日、北海道の羅臼漁港で発生した。運転者が昆布の箱詰めをショベルで運搬していたところ、昆布を洗浄していた労働者らへ次々にぶつかった。

 事業主は、労働者が資格者であるか確認を怠り、無資格で運転させた疑い。労働者にはショベルの資格を一度も取得させたことがなく、災害発生前から運転していた。

【令和3年9月14日送検】

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。