労働者供給事業を行ったIT会社へ事業改善命令 愛知労働局

2016.11.15 【監督指導動向】

 愛知労働局は、他社が雇用する労働者別の会社の指揮命令下で働かせる、労働者供給事業を行った派遣元事業主のエヌ・ティ・ティシステム開発㈱(東京都豊島区)に対して事業改善命令を発出した。少なくとも3年間に渡って、違法な派遣事業を行っていた。

 同社は、IT業を営む派遣元企業と業務委託契約と称する労働者派遣契約を締結する一方、道路貨物業を営む派遣先企業とも業務委託契約を締結していた。この結果、少なくとも平成25年~27年末の3年間、IT業で雇用されている労働者を、道路貨物業を営む企業に送り込んでいた。

 送り込まれていた労働者は、供給先で一般事務および伝票入力作業に従事していた。

 同労働局は、派遣元企業への定期監督のなかで労働者供給の実態を把握した。同社に対し、全事業所において行っている請負事業および労働者派遣事業のすべてを対象として、職業安定法や労働者派遣法に抵触していないか総点検を行うよう求めるとともに、違反が発覚した場合は速やかに是正するよう命じている。

 

 お詫び

 初稿にはNTT関連会社とありましたが、正しくは関連会社ではありませんでしたので、お詫びして訂正いたします。

あわせて読みたい

ページトップ