合計1698件の申告処理を実施 めだつ賃金不払い事案 愛知労働局・令和元年

2020.08.14 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知労働局は、令和元年(平成31年)に県内の14労働基準監督署および支署が実施した申告処理の状況を取りまとめた。合計で1698件行っている。

 申告処理は、労働者が労基署に対して事業場での労働関係法令違反の事実を申し立て、それに基づいて労働基準監督官が事業場に立ち入りなどをして事実を確認し、違反があった際には是正勧告などを行うもの。

 最も多かったものは、賃金不払い事案で1478件だった。以下、解雇事案(194件)、最低賃金不払い事案(191件)などと続く。

 業種別では、前年から90件増加した商業が325件で最も多かった。

あわせて読みたい

ページトップ