技能実習 7割以上の事業場で「労働時間」などの法令違反 長野労働局・平成30年度

2019.09.30 【監督指導動向】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 長野労働局は、外国人技能実習生を受け入れている実習実施者に対して、平成30年に行った監督指導結果を取りまとめた。監督指導した141事業場のうち71.6%に当たる101事業場で労働基準関係法令違反が発覚している。また、重大悪質事案として1件を書類送検した。

 違反項目は、「労働時間」に関するものが45事業場で最も多い。使用する機械などの「安全基準」が28事業場、「割増賃金の支払い」が22事業場で続く。

 10月には、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったうえ、無資格だった実習生にフォークリフトを運転させていたとして、きのこ類の栽培・販売などを行っている有限会社を書類送検している(関連記事)。

あわせて読みたい

ページトップ