割増賃金200万円など不払い 宿泊施設運営企業を書類送検 飯田労基署

2019.09.24 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 長野・飯田労働基準監督署は、定期賃金や時間外労働に対する割増賃金を支払わなかったとして、㈱上村振興公社(長野県飯田市)と同社取締役を最低賃金法第4条(最低賃金の効力)および労働基準法第37条(時間外労働に対する割増賃金)違反の容疑で長野地検飯田支部に書類送検した。

 同社は労働者1人に対し、平成30年4月、5月、7月分の通常の労働時間に対する約定賃金35万5020円、同期間の深夜労働に対する割増賃金10万6613円、および同年4~7月の時間外労働に対する割増賃金199万8329円を支払わなかった疑い。

 同社は23年4月から飯田市から指定管理を受け、同市所有の宿泊施設「ハイランドしらびそ」の運営等を行ったが、31年1月21日付で破産開始決定がなされている。賃金が支払われなかった労働者は、同施設に勤務していた。

【令和元年9月4日送検】

あわせて読みたい

ページトップ