開口部に覆いをせず 解体工事業者を書類送検 天満労基署

2019.09.10 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 大阪・天満労働基準監督署は、墜落防止措置を講じなかったとして、解体工事業の㈱村山組(大阪府大阪市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで大阪地検に書類送検した。

 令和元年5月、大阪府大阪市の建造物の解体撤去工事において、労働者が鉄骨の解体作業をしていたところ、開口部から墜落する労働災害が発生した。開口部の大きさは、東西約50センチメートル、南北約6メートルだった。

 同社は、手すりを設けたり覆いをするなど労働安全衛生規則で定められた危険防止措置を講じていなかった。その理由について、同労基署によると、「普段は蓋をしていたが、労災発生時はたまたましていなかった」としている。

【令和元年7月30日送検】

あわせて読みたい

ページトップ