労働保険関係書類の不備から発覚 労災かくしで2次下請を送検 多治見労基署

2019.03.18 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 岐阜・多治見労働基準監督署は、労働者死傷病報告書を遅滞なく提出しなかったとして、2次下請として建物改修現場に入場していた㈱大智建設(=おおともけんせつ、愛知県あま市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第100条(報告等)違反の容疑で岐阜地検多治見支部に書類送検した。平成30年7月、同社労働者が数カ月間休業する労働災害が発生していた。

 労災は、岐阜県瑞浪市内の建物改修工事現場内で発生した。労働者が解体作業を行っていたところ、壁の一部が倒壊し、坐骨骨折などの怪我を負っている。

 同労基署は、同社が30年10月に提出した労働保険に関する書類のなかで不備を見付け、それを端緒に調査を行ったところ、労災発生の事実を突き止めた。報告を提出しなかった理由について、「当事者意識に欠けていた」と指摘している。…

下請間の連絡調整怠った元請も送検

 併せて、…

 

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ