書類送検が前年から倍増 平成30年司法処分状況 群馬労働局

2019.03.01 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 群馬労働局は平成30年の司法処分状況をとりまとめ、14件を書類送検したと発表した。前年の7件から倍増している。内訳は労働基準法・最低賃金法違反が3件(前年比2件減)、労働安全衛生法違反が11件(同9件増)となっている。業種別では製造業が6件、建設業が4件、運送業が2件、その他が2件だった。

 送検事例としては、正社員2人に9カ月間賃金を1円も支払わなかった事案精肉機のスクリューに巻き込まれ労働者が右腕を切断した事案などが挙げられている。

あわせて読みたい

ページトップ