運輸業81%で法違反 違法残業68件、割増賃金違反36件など 近畿6労働局・30年一斉監督結果

2019.01.30 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の2府4県の労働局は、貨物自動車運送事業のうち長時間労働の懸念がある事業場を対象に、平成30年9月に実施した一斉監督結果を公表した。臨検した128件のうち何らかの法違反が発覚した事業場は104件だった(違反率81.3%)。

 労働基準法関係では、時間外・休日労働に関する協定(36協定)を締結・届出せずに法定労働時間を超えて労働させているなどの労働時間に関する違反が68件で最多だった。法定休日労働を行わせ、通常賃金の3割5分以上の割増賃金を支払っていないなどの割増賃金に関する違反が36件で続いた。

 一方、改善基準告示では、1日の拘束時間の限度を超している最大拘束時間違反(48件)と、1カ月の拘束時間の限度を超している総拘束時間違反(42件)がめだった。1日の休息時間を継続8時間以上与えていない休息期間違反も31件で多かった。

 一斉監督の実施理由は、脳・心臓疾患に係る労災補償の請求・決定・支給件数が最も多い業種が、運輸業・郵便業であるため。

 

 

 

あわせて読みたい

ページトップ