ストレスチェック実施に遅れ 小集団勉強会開き支援も 島根労働局

2016.07.11 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

指導 島根労働局は、平成2712月1日に施行されたストレスチェック制度に関するアンケート調査結果を公表した。1年以内に実施義務のある県内の労働者数50人以上の事業場に対して、28年4月時点での実施状況を尋ねたところ、未実施事業場が9割と、取組みに大きな遅れが出ている。649事業場を対象に実施し、389事業場が回答した(回収率60%)。

 ストレスチェックを実施したか尋ねると、9割近い346事業場が「未実施」としている。このうち「実施準備が整っている」と答えた事業場はわずか15%で、8割は「準備中」と回答した。

 実施にあたり困っていること(困った)点を複数回答で質問すると、「社内規定の作成」118件、「面接指導医師の専任」105件、「質問票・高ストレス者の選定基準」99件――などがめだっている。

 同労働局はアンケート結果を踏まえ、企業が実施するに当たり直面する課題の解決に向け、10事業場程度での小集団勉強会を各労働基準監督署で開催し始めた。8月末まで集中的に開き、11月末までにストレスチェック実施が終えられるよう促していく。併せて、ストレスチェックを実施する外部委託機関の情報をホームページで発信する。

あわせて読みたい

ページトップ