違反率39% 墜落、表示・周知の違反めだつ 島根労働局・建設業監督結果

2021.10.03 【監督指導動向】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 島根労働局は、建設工事現場に対して令和3年7月上旬に実施した一斉監督の結果を公表した。41現場に臨検を行い、39%に当たる16現場に対して労働安全衛生法に関する是正指導を行っている。

 主な違反事項の内訳は、墜落災害の防止が28.3%で最も多かった。「足場の最大積載荷重について関係労働者に周知していない」などの「表示・周知」が17.4%で続く。

 併せて現場で取り組んでいる、新型コロナウイルス感染症対策の好事例も明らかにした。朝礼時に作業員の間について一定の距離を確保している、事業場ごとに時間をずらして休憩することによる3密の防止などを挙げている。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。