船舶関連業者を相次ぎ送検 労災隠蔽や立入禁止防止措置違反で 三原労基署

2018.12.04 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1・4次下請が労災かくし

 広島・三原労働基準監督署は、船舶関連業者を労働安全衛生法違反の容疑で相次いで広島地検尾道支部に書類送検した。

 労働者死傷病報告書を提出しなかったとして、同法第100条(報告等)違反の容疑で送検されたのは、船舶配管工事業の㈲共生工業(広島県呉市)と同社代表取締役、および個人事業主の計1法人2人。

 共通の元請事業者の下、共生工業は1次下請として、個人事業主は4次下請として船舶の配管工事現場に入場していた。同個人事業主は、自社で雇用する労働者を共生工場に派遣していた。

 平成29年11月、派遣されていた労働者が作業中に両手を挟んで指を骨折する労災が発生したものの、送検された2人は元請へ掛かる迷惑などを考えて労基署への報告を怠っていた。

 30年に入り、被災した労働者から相談を受けたことで同労基署は捜査を開始している。

【平成30年10月26日送検】

荷の落下で死亡労災

 天井クレーンで釣り上げた鋼板の下へ労働者が立ち入らないよう措置を怠ったとして、同法第20条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で送検されたのは船体ブロック製造業の鳴滝工業㈲(広島県尾道市)と同社鷺浦工場の工場長。

 30年7月、同工場長は鉄板を吊り上げて移動させる作業を行っていた。いったん吊り上げたまま作業を中断していた際に鋼板が落下、たまたま下にいた労働者に直撃し、死亡している。

【平成30年11月2日送検】

あわせて読みたい

ページトップ