自動車運転者を使用する事業場の8割弱で労基法違反 愛知労働局・29年監督結果

2018.11.07 【監督指導動向】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 愛知労働局は、平成29年に自動車運転者を使用する300事業場を対象に実施した監督指導結果を公表した。78.0%に当たる234事業場で、労働基準関係法令違反がみつかっている。

 主な違反項目をみると、労働時間が178件、割増賃金が50件、休日が4件だった。

 改善基準告示に関する集計もしており、全体の57.7%に当たる173事業場で何らかの違反があった。主な違反事項は、総拘束時間124件、最大拘束時間119件、休息時間66件、連続運転時間65件などとなっている。

 また、重大・悪質として労基法違反の容疑で書類送検した案件は2件だった。28年の9件から7件減っている。

あわせて読みたい

ページトップ