安全な昇降設備なく死亡労災 製造や産廃業を営む会社を送検 新居浜労基署

2018.10.11 【送検記事】

 愛媛・新居浜労働基準監督署は、工場内での安全対策を怠ったとして、木造チップ製造および産業廃棄物の中間処理事業を行う今治加工㈱(愛媛県西予市)と同社代表取締役を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の容疑で松山地検に書類送検した。平成30年6月、同社労働者が死亡する労働災害が発生している。

 被災した労働者は、同社東予工場において地上から高さ1.9メートル地点にあるコンベヤーの金属製の枠の上で、木くずの除去作業を行っていた。作業を終え地上に降りようとしたところ、バランスを崩して墜落して頭を打っている。

 法律は労働者に高さ1.5メートルを超える場所で作業させる際、安全な昇降設備を設けることを義務付けている。同社は、日常的にハシゴなどを使わせず、コンベヤーの一部である枠などを使って昇降させていた。

【平成30年9月20日送検】

あわせて読みたい

ページトップ