ブル・ドーザーにひかれて死亡 石炭の荷卸し作業中に 新居浜労基署

2019.06.25 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛媛・新居浜労働基準監督署は、船内荷役作業主任者に作業指示をさせなかったなどとして、港湾荷役業の浜栄港運㈱(愛媛県新居浜市)と同社取締役を労働安全衛生法第14条(作業主任者)違反などの疑いで松山地検に書類送検した。

 平成31年1月、愛媛県新居浜市に停泊した貨物船の船庫において、同社労働者(22歳・男性)が、同僚の運転するブル・ドーザーにひかれて死亡する労働災害が発生した。積み荷の石炭の荷卸し作業に伴い、死亡した労働者は、壁面に付着した石炭を棒で掻き落とす作業をしていた。

 同社は、①運転中のブル・ドーザーと接触するおそれのある箇所に立ち入らせない、②船内荷役作業主任者に作業方法を決定させ、かつ作業を直接指揮させる――という法令で定める措置を講じていなかった。

【平成31年3月26日送検】

あわせて読みたい

ページトップ