玉掛け作業中に54キロの砂の塊が激突 基礎工事業者を書類送検 新潟労基署

2018.07.19 【送検記事】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 新潟労働基準監督署は、玉掛け作業に当たり危険防止措置を講じなかったとして、建設業の㈱長谷川組基礎工事(新潟県北蒲原郡)と同社現場責任者を労働安全衛生法第21条(事業者の講ずべき措置等)違反の疑いで新潟地検に書類送検した。

 平成30年3月、同社は、新潟県新潟市の倉庫棟解体工事現場で、鉄筋コンクリート製の杭を機械で地面から抜いた後、垂直状態の杭を一度水平にし、地上に下ろすという業務をしていた。別の移動式クレーンを用いて水平にするため、杭の下端にワイヤーをかける玉掛け作業を行っていたところ、杭に付着した砂の塊が落下、作業していた労働者に直撃し死亡する労働災害が発生した。砂の塊は、約54キロだった。

 同社は、玉掛け作業を行わせるに当たり必要な、物体落下の危険防止措置を講じていなかった。その理由として、「早く作業を終わらせたかった」と述べている。また、同労基署は、「杭の砂を落としてから作業させていれば、労災を防げたのではないか」としている。

【平成30年6月7日送検】

あわせて読みたい

ページトップ