残業代など460万円不払い 介護輸送行うNPO法人を送検 大野労基署

2018.03.26 【送検記事】

画像はイメージです

 福井・大野労働基準監督署は、労働者に対して賃金・残業代を支払わなかったとして、福祉有償運送事業を行う特定非営利活動法人奥越すまいる(福井県大野市)と同法人理事長を労働基準法第37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)違反の容疑で福井地検に書類送検した。

 同法人は平成27年8月~29年4月にかけ、正社員に相当する労働者1人に対して合計610時間30分の残業をさせたにもかかわらず、その時の残業代573408円を支払わなかった疑い。

 さらに、27年6月と同年8月~29年4月、同労働者とパート労働者2人の賃金の全額または一部(合計4023628円)も支払っていなかった。

 賃金不払いは経営不振が理由に発生しており、以前から遅配も起こっていた。同労基署に寄せられた労働相談が捜査の端緒。

【平成30年3月13日送検】

あわせて読みたい

ページトップ