特別条項超過して長時間労働 最長で月160時間超残業 札幌中央労基署・送検

2018.03.19 【送検記事】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

年度後半に業務集中が一因

 北海道・札幌中央労働基準監督署は、特別条項付きの時間外・休日に関する労使協定(36協定)の限度時間を超えて労働者に違法に残業させたとして、建設コンサルタント業の北日本港湾コンサルティング㈱(建設コンサルタント業)と同社取締役、部長3人の計1法人4人を労働基準法第32条(労働時間)違反の容疑で札幌地検に書類送検した。

 同社は平成2710月~28年3月、「1カ月45時間の残業を年6回まで」と定める特別条項付きの36協定を超過して、1カ月最長160時間以上の残業をさせていた。年度後半に仕事が集中する業界特有の事情に、人手不足がのしかかり、長時間労働につながった。

 限度時間を超えて残業していた労働者は17人で、「様ざまな部署の労働者が長時間労働をしていた」(同労基署担当者)。臨検監督から違反が発覚している。

【平成30年2月5日送検】

あわせて読みたい

ページトップ